お知らせ

NHK『プロフェッショナル仕事の流儀 “あなたらしさ”は、ここにある 介護施設経営者・加藤忠相』

http://www.nhk.or.jp/professional/

10月3日 22:25~23:14

“あなたらしさ”は、ここにある

介護施設経営者・加藤忠相

認知症のお年寄りたちの「問題行動」を抑え、穏やかに過ごせる介護で注目を集める施設が神奈川県藤沢市にある。代表の加藤忠相は従来の認知症介護のあり方をひとつひとつ見直して、型にとらわれない実践を行ってきた。ここでは「職員がお年寄りにつきっきりで世話を焼く」という光景は見られない。食事の配膳、植栽の手入れ・・・。あらゆる場面で利用者が持てる力を発揮する。
加藤は、心地よく過ごせる環境づくりやコミュニケーションの技術を磨き上げ、お年寄りたちに寄り添っていく。その上で、利用することになった人の経歴を検討し「どうすれば活躍できるか」を考えてお膳立てをする。この独特のアプローチによって利用者の3割以上の要介護度が改善。周囲が対応に困り果てたお年寄りたちで、いまでは施設や地域への貢献ができるまでになっている人も多い。認知症のお年寄りたちと真正面から向き合う介護現場の日々に密着する。

 

NHK『プロフェッショナル仕事の流儀 “あなたらしさ”は、ここにある 介護施設経営者・加藤忠相』」への17件のフィードバック

  1. ()NHKのプロフェナルを見ました。私は3年前脳梗塞で倒れ今藤沢市内の1日介護サービスでデイケアサービスを受けていますが、半分以上の方が認知症の方と思われます。しかし施設のサービスは入浴。口腔体操、食事、遊技(
    他にボランテアのお話、とか歌など)、3時のおやつ。です。その間一人で立って歩いたり、声をあげたりすると、ヘルパーさんが来て対応する程度、後はテレビ囲碁などをやる程度です。加藤さんのデイサービスは極めて理に叶って、感心しました。要介護、要支援のサービスにつて身体機能障害者、知的障害者
    をごちゃごちゃに対応してサービスしてます。ぜひ障害者対応のサービスを
    検討し、提供をお願いいたします。国の介護支援政策の基本です。

    1. 及川さま
      コメントありがとうございます。
      現状ではサービス提供として障害の対応ができる施設は考えておりませんが、障害の方だろうと、こどもだろうとカテゴライズすることなくみんながいることができる場所になるように心がけています。
      小さな会社ですのでシステムからリソースを考えるのではなく、リソースからシステムを考えるようにしていきたいと考えております。
      今後ともご指導よろしくお願いいたします。

      加藤忠相

      1. 加藤様
        初めまして!
        今日やっと録画の番組を見ることが出来ました。
        やっぱり私の魂が震える事はお年寄りとの心の触れ合いです。ヘルパー、介護士、ボランティアでずっと現場で癒されて居ましたが、出る杭は打たれ、腰も悪くし、現場から離れ今は三歳と7カ月の赤ちゃんが居ますが、足揉み、若石健康法を取得し今は出来る範囲で関わっております。
        自己開拓で、子供を連れて遊びに行ける施設を見つけようとやっと行動する気になりました。
        足揉みを通して
        最終的には看取り。を目標にしており、看取り士とゆう資格、資格にはこだわりませんが、知識を取得し、足揉みと看取りの形で幸齢者様と関わっていきたいです。

        そして
        加藤様
        や加藤様の周りのスタッフの様な現場を私も感じたいし、その様な場所で働ける様に日々精進、幸せに参ります。
        神奈川に行く際は是非行きたいと思います。

        薄れていた情熱が
        加藤様方のおかげで
        また湧き上がりました。

        より最幸最善の道を
        あなたが導いていけますように。

  2. 長崎で2年前に逝った母を思いながらNHK『プロフェッショナル』拝見しました。母と同じ様な施設が東京近郊にもあるんだ…と感動しました。

    母は4年間グループホームにお世話になり、100歳で天寿全ういたしました。
    番組内の日常の様子、会話、職員の方々の対応…皆、目にしてきた母の生活そのものです。通所に躊躇し。。具合が悪い、用事がある。。。バックの描写、代金を払わないと。。。皆さん直面する不安から来る反応は同じなのですね。母も全く同じでした。
    介護のお世話になりはじめてからグループホームに入所するまで、長い年月がかかりました。認知も進んでいたので入所しても多々ありましたが、ホームでの穏やかな生活が、離れている娘の私を始め親戚、周りの方々の安心に繋がりました。
    ホームでは音楽教師だった母の為に、営繕の方が車椅子でも弾ける高さの特注台付電子オルガンを作ってくださって、気ままに演奏もしていました。

    生まれ育った土地のホームで、家族、友人、知人、ホームの職員さんに見守られ逝った母はとても幸せだと思います。
    関わって頂いた皆様には本当に感謝しています。

    加藤さんはじめ職員の皆様、どうぞこれからも良き見守り人でいて下さいませ。

    三木豊子

    1. 三木さま
      コメントありがとうございます。
      孤独でいる私も、困っているお年寄りも同じような不安の中にあることは同じだと思っています。きちんと自他同一化できるスタッフさんたちは本当に素晴らしいですし、その人が誇りを持って優しさを使える現場が増えてくれるための一助になればうれしく思います。
      お母さまの素敵なエピソードを教えていただいてありがとうございました。

      加藤忠相

  3. 録画して何度も観ています。私が勤めている介護施設(グループホーム)はそれこそ画一的な業務優先型です。あおいけあさんみたいな施設というか場所で働いてみたいです
    普通のおじいちゃんおばあちゃんとしてみる、環境を作る。。
    感情に働きかける。距離感が大切だとも言っておられましたね。一般的に言う徘徊、拒薬、入浴拒否、暴力、大声を出す。。などの症状にまさに悩まされています。
    中核症状に働きかける…んですね^_^
    奈良なので遠いですがいつか機会があれば見学したいです。

    1. 細川様
      コメントありがとうございます。

      いまのグループホームの椅子に細川さんが毎日8時間とか座っていられるでしょうか?座っていられるのであれば、おそらく良いグループホームだと思います。
      私ですとスター〇ックスでも8時間はかなりの負担です。
      我慢できなくなって「帰りたい」というと帰宅願望だといわれ、立ち上がると「加藤さんが徘徊した」と書かれる。
      御年寄りの反応は異常な環境への正常な反応であることのほうがはるかに多いと思っています。

      認知症の問題は他の病気の症状と違って他人から見えません。いたがっているわけでもなく、苦しそうにもしませんし、顔も赤くなりません。困っているのが見えないので放置されてこまった挙句出るのが俗に「問題行動」といわれます。
      病気で困っている方が困らない環境とケアで支えてあげれば「ふつうのおとしより」です。

      日曜日以外であればアポなしでものぞきに来てくださいw
      おばあちゃんがお茶を淹れてくれるとおもいますよ!

      加藤忠相

  4. 放送当日は深夜入で録画して拝見しました。見始めから放送終わるまで、涙が止まりませんでした。
    私は、家庭の都合で、介護福祉士の道を1度諦め事務をしたけど、どうしても介護の仕事をしたくて無資格から福祉の世界に飛び込み、縁あって子供を出産後准看護師の資格をとりました。看護師になって、転勤族でもあったので、色々な仕事をしました。デイケア、老健、訪介、訪問入浴、小規模多機能、特養、デイサービス、有料と病棟は、療養型と今認知症専門病棟で働いています。昨年ケアマネに合格して毎日慌ただしく仕事をしていますが、心が虚しくなっていたところでした。以前デイサービスで働いていた時に、BGMにジャズを流して喫茶タイムをしたり、挽きたてのコーヒーをみんなで香りを楽しみながら飲んだり今ある枠組みの中でも充実した毎日を思い出しました。職員の意識も同じ方を思い合い、それぞれオリジナルな対応でいつか自分もそういう施設で働きたいけど、そんな所はない。ならばいっそ自分で開設したいと思っていますが、現実は何も進んでない。何か前に進める方法など何か教えて下さい。長々と言いっぱなしになってしまいまいすみません。毎日お忙しいと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

    1. 藤谷さま
      コメントありがとうございます。
      私の場合はどちらかというと若気の至りでした。
      でも、一歩踏み出したり、外に向かって放言すると動かなくてはと思い込めました。
      先ずは何がしたいのかだと思います。 サービスの種類などはしょせん道具です。
      うちでは使いやすいから小規模多機能型居宅介護をしていますが、小規模多機能型居宅介護を運営することが目的にならないように気を付けています。
      ありがとうございました!
      加藤忠相

      1. 既存の枠組みって使いづらいんですよね。
        やっぱり小規模多機能が使いやすいですね。やりたいことは看取りです。1人でなんか逝かせたくない。こんなに人生頑張ってきて、死ぬ時1人なんてさみしすぎるじゃないですか。
        病院では、認知症専門ですが、身体重度型なので亡くなる方も多いのです。約1年半務めてて二組位しか、家族に見守られながら亡くなるってなかったんです。その上、ご家族のお迎えもない方も2人程おられ、後見人制度に文句は無いですが、家族との距離も遠くなり最期は1人なんてホント寂しいかぎりです。せめてものつもりでエンゼルケアは、気持ち細やかに、より気持ちを込めてするぐらいしかありません。
        1人でも寂しく旅立たないようにしたいんです。
        それに入院によりどんどん出来ない事が増えて行く姿にも、ケアマネとしても辛くなるんです。
        やっと目標に向け、気持ちの方向性も決まりそうです。
        ありがとうございました。
        いつか1度遊びに行かせて下さいね。

  5. 私は現在69歳、妻(67歳、若年性認知症)と母(9 4歳)を自宅介護して約2年になります。アルツハイマー型認知症は介護認定を受けても施設サービスを受けることが大変難しく毎日が苦労の連続です。
    特に私の住む大阪府では老人対象の施設しか無くて本当に認知症の対応は自分でやるしか無いと思います。しかし二人ともに介護するので可哀想ですが頑張って行かせています。このコメントを見て本当に一度でもいいので体験をさせてやりたいと思います。加藤忠相 様本当にこれからも頑張って下さいませ。こうした施設がこれからも多くなっていくことを期待しています。

    1. 樫本さま
      コメントありがとうございます。
      大阪ですとあまり情報は持っていないのですが、私の尊敬する「つどいの場さくらちゃん」の丸尾さんとかに相談してみてはいかがでしょうか?
      http://www.geocities.jp/tsudoiba_sakurachan/
      勝手に紹介してってますけど。

      お母さまだけなく奥様もでは大変ですよね。
      ご家族は本当に精神的にもきついと思ます。
      ご相談できることがありましたら、またご連絡ください。

      加藤忠相

  6. ようやくプロフェッショナルの録画を見ることができています。
    現在、グループホームで働いていますが、そちらの施設を利用されている方々の生き生きされている表情をみて、感動しました。
    私が働いている施設で、このような表情をされている方々がどれだけいらっしゃるのだろうかと考えてしまいました。
    「より良いケア」について常日頃から考えていますが、業務優先になってしまっている現状に悩まされています。
    普段の言葉として入居者の方々にダメなことを言ってしまっているように感じている自分自身がいて、働くことさえ考えてしまっています。
    今回のプロフェッショナルの番組で、入居者様の笑顔を見て、私もたくさんの笑顔をもっと見ていきたいと思いました。
    入居者の方が居心地が良い環境づくりを目指していきたいと思います。

  7. 今日何気に利用者さんと、テレビを、観ていたら、プロフェッショナルが、ながれ、、内容が、介護!

    私が日々自問自答していることを、やっている加藤さんの、施設を、見て 感動感銘共感しました。
    介護には、答えがない。と、おもっていますが、施設では、変わったやり方を、すると、避難され、、
    わたしは、利用者様が過ごす最後の場ならばこそ、好きなものを食べたり、飲んだり自由に、すごして、最後が迎えられればと 考えています。

    もっと、もっと、加藤さんの、施設の放送を、やって欲しいと思います。

    1. コメントありがとうございます。
      「自分が他人にされて嫌なことを人にしてはいけない」…介護や福祉云々のまえに最低限のことだと思います。日本人の美徳は「足るを知る」だとは思いますが、世界中の多くの高齢者が介護の手にゆだねられると不幸になる現実は存在しますし、それを変えていけるのは今を生きている私たちだけだと思います。矢内さんにおかれましても曲げるべきでないところは曲げずに進んでいただきたいです。お互いがんばりましょう。(加藤)

  8. はじめまして!
    私はこの放送を観てから心の奥底にあったものが見えた気がしました。看護師になって25年になりますが、私は看取り看護をしたいと考えております。子供達も巣立ちやりたい事をしたいと思いでいっぱいです。私の周りには若い頃お世話になった85歳以上の親戚が5〜6名いてグループホームを作りたいと思っています。施設も検討して見学に行っていますが入居金が高くてビックリすることばかり…それならば自分で作ってしまおう!という思いでいます。資金の事や相談したいことがいっぱいです。是非見学させて下さい。

    1. 菊田様
      コメントありがとうございます。ホームページの見学対応をご覧ください。
      メディアに取り上げられた関係で見学が立て込んでおりまして、不本意ながら見学を規定させていただいております。
      お近くでしたら1.2人であればアポなしでフラッと見に来ていただくことは可能です(日曜日以外)。
      ご検討、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)