あおいけあ日誌

プロフェッショナル仕事の流儀youtubeが再投稿されていました

プロフェッショナル仕事の流儀youtubeが再投稿されていました」への6件のフィードバック

  1. 素晴らしいです。昨夏母を介護しながら見送りました。番組を拝見し涙が止まりませんでした。スタッフの皆さま頑張ってください。

    1. おそれいります。看る看られる関係ではなく、まず人としてお付き合いすることからだと思っています。
      コメントありがとうございました。

  2. はじめまして、山梨県に住む後屋敷俊郎と申します。46歳になります。YouTubeでプロフェショナル拝見いたしました。介護資格も経験もない私ですが、来月からから介護のお仕事に就くことに決めた所です。自分の居場所、長く生きてこられた先輩方に敬意を払う気持ちで今しか出来ない、まさに、やっちゃえの精神で頑張ります。いつかお会いしたいです。

    1. コメントありがとうございます。おそれいります。
      遠い目標よりも、近くの当り前が実は目指すべきものかもしれませんね。介護は「専門性」という言葉によって逆に崇高になりすぎているのかもしれません。

  3. 先月見学させて頂きありがとうございました♪
    自然体普段の姿を見せて頂きました。赤ちゃん連れのスタッフと屈託の無い皆さんの暮らしぶり、当たり前に過ごす風景が良かったです。空間と空間を繋ぐ外の空間が、緩やかに繋がっている解放感。それらが、穏やかに暮らしをかこっている。私の周囲には無かった施設の有り様、スタッフへの柔軟な対応昔の農村の仕事と暮らしが解離しない形が人の心を穏やかにしている気がしました。
    それでいて、現代の問題を先取りする新進気鋭に見える取り組みも直面する人への眼差しから発信してしるから自然でいて問題点をそらさない実践になっているのでしょうか?

    一日自由に見学させて頂き、ありがとうございました♪
    一言御礼まで

    1. 島根様 
      ありがとうございました。ある意味「あたりまえ」で「ごく普通」のことだと思います。
      「介護」に出会うと不幸になるのではなく、それにとらわれず地域の中で最後まで自分らしく暮らせることを考えていきたいと思います。

加藤忠相 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)